にきびケア

にきびとアルコールとダイエット?

お酒の飲みすぎなどでできるにきびをほろ酔いにきびといいます。アルコールの摂りすぎは中性脂肪を増やすことになるためにきびができやすくなるということです。

ダイエットをしているため朝食を摂らないなどいったことをしていると勘違いにきびというものができてしまいます。朝食をぬいたため昼食がが脂肪となりにきびを増やしてしまうのです。

他にもタバコの吸いすぎでできる跡残りにきびやストレスで食べ過ぎてできる溜めすぎにきびというのもあります。

やはり、にきびと食事は一番関係があるということになります。またにきびができたからといってにきびをつぶすことはやめましょう。そこからばい菌がはいって余計に悪くなる場合があります。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。