にきびケア

にきびと妊娠

妊娠とにきびは関係があるのでしょうか。今まで全然にきびなどできたことのない人が、妊娠をしたことでにきびができ始めたという方がいらっしやいます。

原因としては、ホルモンのバランスのせいで突然にきびができてしまうということなのです。男性ホルモンによって分泌した皮膚の脂が毛穴の脂腺たまってしまうことにきびができてしまうのです。女性が生理のときや妊娠したときに分泌される黄体ホルモンが男性ホルモンとと同じような作用をしていいることからにきびができやすくなってしまうということなのです。妊娠時のにきびは普通できるにきびや思春期のときのにきびと違うため洗顔などは注意することです。妊娠時は肌が敏感になっているため刺激が少ない洗顔などを使うようにしましょう。とくにヒーリングタイプなどの肌を刺激するようなものは避けることです。

また、妊娠時は薬を服用することができないため、にきびがひどい場合は産婦人科などで相談してにきび用漢方薬を服用することです。抗生物質もにきびの薬ですがあまりつけないほうがいいのではないでしょうか。

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。