にきびケア

にきびと食事の関係

にきびと食事は関係が深いといわれています。栄養のバランスが悪いとにきびができるとか、食事の内容が悪いとかといった原因がにきびを作る原因になっているようです。他にも食生活からおきるにきびの原因はたくさんあるようです。
よくにきびを治すために、にきびに効くサプリメントを摂ってみたり、食事の内容など変えてみたりしている人が多いようですが、それでもにきびが治らないという人がほとんどです。

にきびになる原因はたくさんあります。外食などが多い人や肉が好きで魚をあまり食べない人。甘いものが好きな人特にチョコレートなどです。お酒をよく飲む人、お酒を飲む機会が多い人。朝食はあまり取らない人、特に学生等が多いようです。夜遅くおやつなど食べる人、食事の時間が遅い人。ストレスを溜めやすい人。タバコなどよく吸う人。運動不足の人などなどがあげられます。こう見てみると食生活に乱れがある人がにきびができやすいということになるようです。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。