にきびケア

にきびと食生活

外食が多い人によくできる食べすぎにきび。外食は高カロリーのものや脂肪が多く含まれているものが多いため、脂を好むにきび菌が毛穴内で繁殖してしまいにきびができるが食べ過ぎみにきびです。このにきびは脂の質が悪くなります。

食事の中で肉ばかり好んでだべる人に多いのが悪質にきびです。魚にも脂はありますが肉の脂と全く違います。

魚の脂はサラッとしており、肉の脂はこってりしているのです。そのためにきびができやすくなるということです。

甘いものを好んで食べる人に多い甘にきび。消費できなかった糖分が体の中で中性脂肪に変ってしまい、脂の出る量が多くなってにきびができやすくなるのです。甘いお菓子など摂りすぎに注意することです。

やはり、にきびと食事は一番関係があるということになります。またにきびができたからといってにきびをつぶすことはやめましょう。そこからばい菌がはいって余計に悪くなる場合があります。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。