にきびケア

にきびは細菌に注意

白にきびに細菌が増えて炎症をおこし、アクネ菌の繁殖で炎症を起こすだけでなく、脂肪を摂食したカスがが酸化して膿となってたまると開放コメド(黒にきび)になります。

さらに皮脂が詰まった毛穴の中で細菌が繁殖して赤く腫れ、触ると痛むのが赤にきびです。赤にきびは進行すると炎症が皮膚の真皮層にまで広がって化膿し、膿にきびになってしまいます。

膿にきびになると皮膚の毛包が破壊されて皮膚にクレーターのような穴があきます。これはにきび跡となって残りやすくなります。

また、マラセチアというカビ菌が毛包で増殖すると、背中のにきびの原因になることもあります。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。