にきびケア

中高生におなじみのにきび薬

中学生くらいの年代は、にきびが出来てしまうと、「クレアラシル」や「アクネス」などの塗り薬を使って治すことが多いようです。「メンソレータム アクネスニキビ治療薬」は、ロート製薬から発売されています。

これは、痛みをともなうにきびや、赤くなってしまうにきびなどを治療する、クリーム状の塗り薬です。抗菌作用のあるイオウ成分や、代謝を良くするビタミンE誘導体などが入っています。価格も1,000円代と安いため、中高生でもお小遣いで買えることから、比較的、若い世代に使われている治療薬です。

中高生が使う、にきびの薬というと、小林製薬の「びふナイト」が挙げられるでしょう。昔から、テレビCMでもおなじみの「びふナイト」は、患部に塗って寝るだけで、にきびを治療することができます。

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。