にきびケア

大人のにきび

顔をさわったり洗顔のときこすり過ぎないように、外部からの皮膚への刺激には注意しましょう。指先で触れたりつぶしたりすると化膿したり痕が残りやすくなるので、触らないようにします。また化粧用具や伸ばした髪の毛など、皮膚に触れるものはいつも清潔に保ち、にきびの悪化を防ぎます。

また、睡眠は十分にとる必要があります。寝不足になると、皮膚は脂っぽくなり、毛穴に皮脂がたまり、にきびが出やすくなります。ストレスをためないようにリラックスを心がけ、規則正しい生活で体調を整えましょう。アルコール、喫煙も避けたほうがよいでしょう。

思春期は食べ盛りでもあるといえますが、なるべく糖質、脂質は控え、皮脂分泌をおさえる効果のあるビタミンB群を積極的にとるのがにきびの予防・悪化防止につながります。また便秘にならないように、食物繊維の多い野菜類を十分にとるようにします。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。