にきびケア

妊娠時のにきび予防

赤ちゃんにも栄養が必要ですが、お母さんも栄養が必要なのです。偏らない食事に心がけましょう。それが妊
娠にきびの予防になります。

普通にきびは、予防としてビタミン剤やサプリメントなどを服用するのですが、妊娠時は避けることです。なるべく食事で摂るようにしましょう。どんな薬でも妊娠時は服用するのは危険です。どうしても治したい場合は医師の診断で服用するようにしましょう。栄養のバランスが良くなれば妊娠にきびも自然と治ってきます。

妊娠にきびは背中にできる人が多いようです。それからフェイスラインにきびです。特に背中にきびは、服などでこすれて悪化しやすいでのでなるべく気をつけるようにすることです。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。