にきびケア

思春期のにきび 

10代~20代前半の思春期には、男女とも男性ホルモンの影響で皮脂を生成する組織が急激に発達するので、皮脂が脂っぽくなります。このようなときに洗顔が不十分だったり、化粧品やクリームなどの使用によって皮膚表面に余分な脂肪が残っていると、皮脂の通り道がふさがれ、にきびができやすくなります。

思春期のにきびは、顔にちらばった形でできますが、脂っぽい肌にできやすいとされ、季節的には春から夏にかけてが多いようです。思春期のにきびは一過性のものとされて積極的な治療が行われないことが多いですが、放置するとクレーター状の痕がが残る可能性もあります。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。