にきびケア

新生児のにきび

生後2週間くらいからにきびと似たような症状が出てきます。3ヶ月くらいまで発生するようです。基本的にはにきびなのですが、なぜ新生児ににきびかできるのでしょうか。

赤ちゃんににきびの原因として考えられるのは、生後の新生児の体には、母体からのホルモンの影響がまだありその影響で毛穴から皮脂分泌が多くなってくるということです。特に赤ちゃんの頭の皮脂量は大人よりも多いのです。この原因が新生児にきびを発症するということになります。特に男の子に多いといわれています。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。