にきびケア

生活習慣を改善して、にきび予防

食生活や生活習慣を改善することによって過剰な皮脂分泌を抑制し、にきびを予防することができます。皮脂の分泌量は糖分や脂質の多い食品のとりすぎで増え、働きすぎやストレス、女性の場合の生理前後によるホルモンバランスの崩れ、睡眠不足なども過剰な皮脂分泌の原因になります。

また、過剰な皮脂分泌は、男性ホルモンの分泌が原因となっています。コレステロールなどは男性ホルモンの分泌を促進すると言われますので、とりすぎには注意を必要とします。

また、ストレスや加齢によってコラーゲンが減少すると、肌の代謝力が低下し、毛穴を詰まらせます。コラーゲンは肉や魚、特に骨や軟骨・腱・皮・内臓に多く含まれていますので、スペアリブ・手羽先・ヒラメ・カレイなどがにきび予防に効果的な食べ物であると言えます。

コラーゲンは摂取するとアミノ酸に分解吸収され、再び体内でコラーゲン化します。この際にビタミンCが橋渡し役をしますので、コラーゲンとビタミンCを多く含む食品を同時に摂取するのが効果的です。

また、紫外線やたばこの喫煙や車の排気ガスによって作られる活性酸素もまた肌が老化させ、毛穴をつまらせます。抗酸化作用のある食べ物としては、ビタミンC以外にビタミンEがあります。これらのビタミンを多く含むイチゴやレモンなどの果物をバランス良く摂取するのがにきびの予防につながります。

カテゴリ: にきび にきび対策

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。